東日本大震災から4年 3.11の今


<<前のページ
次のページ>>
東日本大震災から4年 3.11の今I 循環の輪復活を

南箕輪村南原の原富男さん。3月5日、福島県郡山市にある社会福祉法人にんじん舎をめざします。にんじん舎では、障害者の共同作業所として、会津地鶏を育て、卵をとり、糞は醗酵させ肥料にする循環のサイクルができ…

[ 放送日:2015年3月14日(土曜日)]

東日本大震災から4年 3.11の今H 宮城県石巻市の今

 2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、震度6強の大地震が宮城県石巻市を襲いました。 2015年1月末現在、死者は、3,176人、行方不明者は425人となっています。 石巻市の復興…

[ 放送日:2015年3月13日(金曜日)]

東日本大震災から4年 3.11の今➆

 伊那市西箕輪の海老原よしえさん。 海老原さんは、全国各地でコンサートを開くシンガーソングライターです。 これまでに6枚のアルバムをリリースしていて、売り上げの一部を被災…

[ 放送日:2015年3月12日(木曜日)]

東日本大震災から4年 3.11の今G 高校生が見つめる被災地

「実際東北に行ってみてみると、まだ全然復興してなかったりして、苦しく生活している人がいっぱいいて、自分たちが忘れていっちゃいけないなって思いました」 伊那市の伊那西高校。 伊那西高校は、学校創立30周…

[ 放送日:2015年3月12日(木曜日)]

東日本大震災から4年 3.11の今E 子どもたちに故郷を

伊那市高遠町。引っ越しの荷物をのせたトラックがやってきました。この春、福島県双葉町から伊那市高遠町に移住を決めた廣田真也さん、愛理さん夫妻です。夫の真也さんは伊那への移住について「故郷に帰ってきたと感…

[ 放送日:2015年3月10日(火曜日)]

東日本大震災から4年 3.11の今D ある農業青年の葛藤

福島県伊達市出身の農家、橘内孝太さん。33歳。現在知人の家で仮住まいをしています。福島第一原発事故のあと悩んだ末に高遠で農家として生きる道を選びました。地元農家から耕作放棄地を借りることが決まり春にな…

[ 放送日:2015年3月9日(月曜日)]

東日本大震災から4年 3.11の今C 被災地の犬・猫は今

福島県南相馬市で行場を失い保護された猫マーマ飼育放棄された犬や猫の飼い主探しなど上伊那を中心に救済活動をしているハッピーテールが預かっています。震災後多くの人々が避難所生活を強いられました。ペットたち…

[ 放送日:2015年3月7日(土曜日)]

東日本大震災から4年  3.11の今B 海苔網がつなぐ絆

2014年12月、いなっせ北側広場。伊那商工会議所青年部企画のイルミネーションが行われました。ここで使われたのは、海苔の漁で使う網です。宮城県の漁師からもらったものです。宮城県東松島市の海側に位置する…

[ 放送日:2015年3月6日(金曜日)]

東日本大震災から4年 3.11の今A 地域と被災地を本で結ぶ

「地域の情報の発信源として、図書館としては引き続きこういう活動をしているということを皆さんにお伝えしていきたいと思っています」伊那市荒井の伊那図書館。年間およそ10万人が訪れるこの図書館は、子どもから…

[ 放送日:2015年3月5日(木曜日)]

東日本大震災から4年 3.11の今@ 4年目の苦悩と挑戦

「ブレちゃうのよね。ここにいたら福島の話題ゼロ。忘れていってしまう。でも忘れてはいけない。」 東日本大震災による福島から自主避難した果樹農家佐藤浩信さん。この時期は、リンゴの剪定作業に励んでいます。 …

[ 放送日:2015年3月4日(水曜日)]

<<前のページ
次のページ>>