2005年衆院選


<<前のページ
1 | 2 | 3 | 4
05衆院選 当選、一夜あけて 宮下一郎氏インタビュー

 「12万票は予想もしなかった数。構造改革の必要性と、それを進める際に地域の活性化を重視したいという私の訴えを多くの人々に理解していただけた結果と受け止めている。責任の重さを感じる」 11日投票の衆院…

[ 放送日:2005年9月14日(水曜日)]

05衆院選長野5区 宮下一郎氏、圧勝で再選

 第44回衆院選は11日、全国一斉に投票が行なわれ、即日開票の結果、小選挙区長野5区では自民党前職の宮下一郎氏(47)が、次点の民主党新人・加藤学氏(36)に4万7520票の差をつける圧勝で再選を果た…

[ 放送日:2005年9月12日(月曜日)]

長野5区当選 宮下一郎氏(自民前)の歓びの声

 急な解散から始まった2回目の選挙は大変厳しい戦いとなったが、気を引き締めて頑張った。多くの方の支援で勝つことができて感謝しているとともに、2期目の仕事に向けて重い責任を感じ、決意に燃えている。 選挙…

[ 放送日:2005年9月12日(月曜日)]

加藤学氏(民主新)の敗戦の弁

 予想外だ。なぜこんなに自民党が強いのか?宮下さんには圧倒的な組織力があり、私は名前が浸透しなかった。小泉さんのパワー、マスコミの報道姿勢、宮下さんの組織力の前に敗れた。時間があってもっとキチンと話を…

[ 放送日:2005年9月12日(月曜日)]

三沢好夫氏(共産新)の敗戦の弁

 結果では期待に応えきれなかったが、国民の暮らし、平和を守るという党の主張が大勢の皆さんの共感を得たことは前回に比べて、その市町村でも強く感じた。 年金・福祉・暮らしなど深刻な問題が国民の中にある中、…

[ 放送日:2005年9月12日(月曜日)]

今日、衆院選投票 小泉式「構造改革」への伊那谷住民の審判は?

 第44回衆院選は今日11日、投票が行なわれる。候補者名で投じる小選挙区長野5区(定数1人)と、政党名で選ぶ比例代表北陸信越ブロック(定数11)の2つの選挙と、罷免する裁判官に×印をつける最高裁裁判官…

[ 放送日:2005年9月11日(日曜日)]

05衆院選 あす投票 各派「最後のお願い」へ

 第44回衆院選は11日投票日を迎える。全国の小選挙区300議席と11ブロックの比例区180議席に座るのは誰か? 小選挙区長野5区には、三沢好夫(61)=共産党・新人、宮下一郎(47)=自民党・前職、…

[ 放送日:2005年9月10日(土曜日)]

加藤候補の上伊那総決起大会

 衆院選長野5区に立候補している民主党の加藤学候補の上伊那地区総決起大会が8日夜、箕輪町の箕輪文化センターで開かれた。集まった約350人を前に、加藤候補は「暴走列車?小泉号?を何とか止めて、庶民の手に…

[ 放送日:2005年9月10日(土曜日)]

05衆院選 いよいよ終盤戦 各陣営、票固めに懸命

 第44回衆院選は11日の投票日まで残り3日となり、三沢好夫=共産新、宮下一郎=自民前、加藤学=民主新=の3氏の陣営は、最後の票固めに入った。 三沢陣営は、7日に党と後援会の決起大会を開き、最後の3日…

[ 放送日:2005年9月8日(木曜日)]

05衆院選 参謀に聞く 宮下派選対統括責任者 三沢岩視さん(67)

 支持者の中には「現職有利」と見る向きもあるが、実際は予断を許さない厳しい選挙だ。特に加藤さんの陣営は、実働の皆さんの実態がつかみきれないところもあり、終盤に向け予期せぬ動きが出ないかと警戒している。…

[ 放送日:2005年9月7日(水曜日)]

<<前のページ
1 | 2 | 3 | 4