伝承 上伊那経済の牽引者たち


<<前のページ
1 | 2
「伊那谷の豊かさ」を支える流通の魂 - ニシザワ会長 荒木茂さん(82)【I】

 伊那市日影に本社を置くニシザワは、中南信エリアを中心にグループ全体で59店舗を展開する。日常生活に欠かせない食品・服飾用品・書籍・文具などを供給するだけでなく、リサイクル書店や外食産業にも進出し、い…

[ 放送日:2006年3月30日(木曜日)]

「伊那谷の豊かさ」を支える流通の魂 - ニシザワ会長荒木茂さん【II】

 伊那谷流通業のリーディングカンパニー、ニシザワを育て上げてきた荒木茂さん(現同社会長)。その素顔に迫る特集の2回目。前号(29日掲載)では、「良い物を、より安く?ということに尽きる」と語る経営哲学の…

[ 放送日:2006年3月30日(木曜日)]

「伊那谷の豊かさ」を支える流通の魂 - ニシザワ会長荒木茂さん【III】

 伊那谷の流通業の中核を担うニシザワグループの創設者、荒木茂さんの特集3回目。さまざまな苦難を乗り越えてきた道筋の中に、心の拠り所となった哲学を探った。

[ 放送日:2006年3月30日(木曜日)]

「伊那谷の豊かさ」を支える流通の魂 - ニシザワ会長 荒木茂さん【IV】

 伊那谷の流通業の中核を担うニシザワグループ。その先頭で牽引してきた荒木茂会長に迫るシリーズ4回目。会社プロフィールと、地域で関係のあった人々に「私の見た荒木さん」を語ってもらった。

[ 放送日:2006年3月30日(木曜日)]

伊那谷が生んだコンデンサーの世界企業【IV】登内英夫さん

 コンデンサーの世界企業=ルビコンの創設者、登内秀雄さんの素顔に迫るシリーズ最終回。青年期から企業経営の道に踏み出す過程、会社創成期の出会いを聞いた。

[ 放送日:2006年2月10日(金曜日)]

伊那谷が産んだコンデンサーの世界企業【III】登内英夫さん

 伊那谷が誇る世界企業ルビコンの創業者、登内英夫さん(88)の素顔に迫る特集の3回目。前号までは、「有用な物を提供し社会に資すること」を責務とする企業理念や、技術開発についての考え方、会社組織に関する…

[ 放送日:2006年2月10日(金曜日)]

伊那谷が産んだコンデンサーの世界企業【I】- いつもルビコン河を渡る気概で - ルビコン会長 登内英夫さん(88)

 伊那市西箕輪の森の中に本社を置くルビコンは、アルミ電解コンデンサーで世界トップクラスの技術を持つ業界のリーディングカンパニーだ。伊那市に開発拠点と工場を、国内11カ所・国外9ヵ所に営業所を構えるほか…

[ 放送日:2006年2月9日(木曜日)]

伊那谷が産んだコンデンサーの世界企業【II】 - 私の見た登内さん -

ルビコン株式会社■本社:長野県伊那市西箕輪1938?1■設立:昭和27(1952)年■資本金3億9600万円■代表取締役社長:勝山修一■従業員550人■電話0265・72・7111(代)■http:/…

[ 放送日:2006年2月9日(木曜日)]

伊那谷に輝いた化学工業の光【IV】 −「同時に2つの道を選べないのが人間の救い」 大明化学工業(株) 取締役相談役 池上房男さん(92歳)

 上伊那郡南箕輪村に本社を構える大明化学工業の現相談役・池上房男さん(92歳)の特集後編。前回は、上伊那の多くの経済人がその実績を認める池上さんの経営哲学にスポットをあてた。今回は、池上さんのお話をも…

[ 放送日:2005年9月30日(金曜日)]

伊那谷に輝いた化学工業の光【IV】 −「同時に2つの道を選べないのが人間の救い」 大明化学工業(株) 取締役相談役 池上房男さん(92歳)

大明化学工業の現相談役・池上房男さん(92歳)の特集後編−その2。

[ 放送日:2005年9月30日(金曜日)]

<<前のページ
1 | 2