農林・水産


<<前のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
あぐりスクール ついた餅を味わう

小学生が農業体験を行うJA上伊那のあぐりスクールの今年度最後の講座が16日開かれ、子どもたちが自分たちでついた餅を味わいました。16日は、上伊那の児童46人とその保護者が参加し、上伊那産のもち米24キ…

[ 放送日:2017年12月16日(土曜日)]

上農産コシヒカリ 等級検査で最高評価

南箕輪村の上伊那農業高校の生徒たちが栽培したコシヒカリが米の品質のランクを決める等級検査で最高の評価を得ました。伊那市のJA上伊那伊那支所です。生徒達が持ち込んだのは、南箕輪村の特別栽培米「風の村 米…

[ 放送日:2017年12月15日(金曜日)]

台風で傷ついたリンゴを使用しJAが新しくリンゴジュースを販売

JA上伊那は台風などで傷がついた規格外のリンゴを使用した新しいリンゴジュースの販売を16日から始めます。JA上伊那が新しく販売するのは台風などの影響で傷がつき規格外となったリンゴを使用したジュースです…

[ 放送日:2017年12月14日(木曜日)]

信大農学部の「山ぶどうワイン」完成 販売開始

信州大学農学部の学生が栽培した山ぶどうを使ったワインが完成し、12日から販売が始まりました。南箕輪村の信大農学部生産品販売所で、12日からワインの販売が始まりました。ワインに使われている山ぶどうは、植…

[ 放送日:2017年12月12日(火曜日)]

地産地消推進で園児に地元産のリンゴをプレゼント

南箕輪村で獲れたリンゴを食べてもらい地産地消を進めようと12日、中部保育園の園児にリンゴが贈られました。村営農センターの高木繁雄会長とリンゴ農家の菅家美果さんが保育園を訪れ、園児にリンゴを手渡しました…

[ 放送日:2017年12月12日(火曜日)]

50年の森林ビジョンの取組み支援 「ミドリナ」発足

伊那市が進める50年の森林(もり)ビジョンの活動を、民間が中心となって応援するプロジェクト「ミドリナ」が8日に発足しました。この日は、市役所で記者会見が開かれ、白鳥孝市長と発起人で伊那市芸術文化大使の…

[ 放送日:2017年12月8日(金曜日)]

羽広いちご生産組合設立20周年

 伊那みはらしいちご園を運営する伊那市西箕輪の羽広いちご生産組合が今年設立20周年を迎え、30日、記念式典が行われました。  30日は、西箕輪の羽広荘で記念式典が行われました。式典…

[ 放送日:2017年11月30日(木曜日)]

白ねぎの出荷本格化

上伊那の野菜の主力品目のひとつ白ねぎの出荷作業が本格化しています。箕輪町松島にある白ねぎ畑です。29日は、農事組合法人みのわ営農の組合員が収穫作業に追われていました。みのわ営農では、水稲をはじめスイー…

[ 放送日:2017年11月29日(水曜日)]

美味しいそば粉求め ガレット用そばの収穫

伊那谷の新たな名物としてガレットの普及を目指す「信州伊那谷ガレット協議会」は、ガレット用のそば栽培プロジェクトで育てているそばの収穫を28日に行いました。協議会では、伊那市手良中坪にある遊休荒廃地、お…

[ 放送日:2017年11月28日(火曜日)]

伊那谷の魅力 発信隊 アップルパイづくり

伊那青年会議所は、子ども達に自分たちの住む地域の魅力を知ってもらおうと23日、りんごの収穫体験やアップルパイづくりを行いました。この日は、伊那市、箕輪町、南箕輪村の小学生およそ30人が、自分たちで採っ…

[ 放送日:2017年11月24日(金曜日)]

<<前のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10