農林・水産


<<前のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
JA上伊那総代会 販売目標145億円

JA上伊那通常総代会が25日に開かれ今年度の農畜産物の販売高計画額を昨年度より5億円多い145億円とする事業計画案が承認されました。25日はJA上伊那本所で第22回通常総代会が開かれ組合員250人ほど…

[ 放送日:2018年5月25日(金曜日)]

信大農学部 東工大と家畜管理を研究

南箕輪村の信州大学農学部は東京工業大学と連携して最新のセンサーやAI処理により家畜の健康状態を管理する研究を行います。25日はこの研究に携わる信州大学と東京工業大学の関係者が記者会見を開き、研究の概要…

[ 放送日:2018年5月25日(金曜日)]

ミドリナ委員会 プレイベント「入笠山ハイキング」

伊那市が進める50年の森林ビジョンの活動を民間が中心となって応援するプロジェクト「ミドリナ委員会」は、初めてのイベントとなる入笠山ハイキングを、21日に行いました。仙丈ヶ岳にある山小屋馬の背ヒュッテの…

[ 放送日:2018年5月21日(月曜日)]

罠センサー新たに20基手良地区に設置へ

伊那市有害鳥獣対策協議会の総会が21日市役所で開かれ、罠につけるセンサーの実証実験を今年度も継続して実施することなどが報告されました。 センサーは、今年2月に手良地区に10基設置されました。…

[ 放送日:2018年5月21日(月曜日)]

諏訪形区を災害から守る委員会 農水省優秀賞を受賞

伊那市西春近の諏訪形区を災害から守る委員会は農林水産省の第2回インフラメンテナンス大賞で、全国から応募のあった200団体のうち17団体が選ばれた優秀賞を受賞しました。インフラメンテナンス大賞は農林水産…

[ 放送日:2018年5月19日(土曜日)]

松くい虫被害拡大に歯止めかからず

 伊那市の平成29年度の松くい虫の被害量は過去最大となった平成28年度に比べると減少したものの、標高900mより低い松林で被害が拡大していることが報告されました。 17日は、伊那市役所で松くい虫対策協…

[ 放送日:2018年5月17日(木曜日)]

水稲の高密度苗と側条施薬 実演会

 水稲の省力化と低コストでの生産を目指す高密度で育てた苗の田植えの実演会が、10日伊那市東春近の田んぼで開かれました。  通常は1箱に100グラムのもみをまきますが、高密度の苗は2.5倍となる250グ…

[ 放送日:2018年5月10日(木曜日)]

箕輪町木下 かりんの花が見ごろ

箕輪町木下でかりんの花が見ごろとなっています。濃いピンク色のものと、淡いピンク色のものの2種類があります。90歳の果樹農家、小原金安さんは30本程のかりんを育てています。今年は例年より1週間ほど早く咲…

[ 放送日:2018年5月2日(水曜日)]

上伊那森林組合 昨年度のペレット生産量3,296トン

上伊那森林組合の通常総代会が25日に伊那市内で開かれ、昨年度のペレット生産量が前の年度を約670トン上回る3,296トンだった事が報告されました。市内で通常総代会が開かれ昨年度の事業報告が示されました…

[ 放送日:2018年4月25日(水曜日)]

JA上伊那あぐりスクール 22メートルの巻き寿司に挑戦

小学生が農業体験を行うJA上伊那のあぐりスクールが21日に開校し、長さ22メートルの巻き寿司作りに挑戦しました。長さ22メートルの巻きすの上に150枚の海苔がのせられました。11升のコシヒカリが配られ…

[ 放送日:2018年4月21日(土曜日)]

<<前のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10