農林・水産


<<前のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
馬で木材を搬出 林業技術講習会

 間伐した木材を、馬を使って搬出する林業技術の講習会が、23日、伊那市のますみヶ丘平地林で開かれました。 馬に専用の器具を付けて、木材を固定し、搬出します。 馬で木材を搬出する「馬搬(ばはん)」という…

[ 放送日:2017年3月23日(木曜日)]

アツモリソウ培養「効率的に」 松田南信が上農に機器を寄贈

南箕輪村の上伊那農業高校バイテク班では、県の認定を受け、絶滅危惧種に指定されているアツモリソウの保全活動に取り組んでいます。そのバイテク班にこのほど、温度などを効率的に管理することができる研究用機器が…

[ 放送日:2017年3月17日(金曜日)]

箕輪町の県天然記念物の樹木保存へ

 長野県の天然記念物に指定されている箕輪町中曽根のエドヒガンと木下のケヤキの保存作業が現在行われています。 16日は、中曽根のエドヒガンザクラで作業が行われていました。エドヒガンは、木の高さは13メー…

[ 放送日:2017年3月16日(木曜日)]

ファーマーズの集い 功績者を表彰

上伊那8市町村の農業委員が集まるファーマーズの集いが2月27日JA上伊那本所で開かれ、農業の発展に功績のあった3人と3団体が表彰されました。上伊那農業委員会協議会の堺澤豊会長から、表彰状が手渡されまし…

[ 放送日:2017年3月12日(日曜日)]

今年度松くい虫被害 上伊那北部で増加

松枯れを引き起こす松くい虫の被害は、今年度、上伊那北部地域で増えています。10日は、上伊那地方松くい虫防除対策協議会が、伊那市の伊那合同庁舎で開かれ、去年12月末現在の被害状況が報告されました。被害量…

[ 放送日:2017年3月10日(金曜日)]

信州そば発祥の地 伊那そば振興会認証制度4月から開始

高遠の在来種そば復活に向け取り組む伊那そば振興会は、信州そば発祥の地「伊那」を広くPRするため、各そば店を認定する制度を4月1日から始めます。28日は伊那市役所で定期総会が開かれ、今年度の取り組みや来…

[ 放送日:2017年3月1日(水曜日)]

信州大学農学部 ジャムの販売はじまる

南箕輪村の信州大学農学部の学生が実習で作ったジャムの販売が、28日から始まりました。ジャムを作ったのは、植物資源科学コースの2年生50人です。実習で栽培した果物を加工し、ジャムにしました。今年初めて販…

[ 放送日:2017年2月28日(火曜日)]

信大生と伊那市長が意見交換

南箕輪村の信州大学農学部の学生と伊那市の白鳥孝市長との談話会が14日開かれ景観や農業などについて意見を交わしました。14日は、信州大学農学部のゆりの木で開かれ、学生11人と白鳥市長や担当職員5人が出席…

[ 放送日:2017年2月24日(金曜日)]

ラナンキュラス 出荷最盛期

伊那市美篶の花卉農家丸田旭雄さんのハウスでは、冬の花「ラナンキュラス」の出荷が最盛期を迎えています。丸田さんのハウスでは、黄色やピンク、赤など、色鮮やかなラナンキュラスが花を咲かせていて、きょうは、丸…

[ 放送日:2017年2月19日(日曜日)]

南ア食害対策 継続の必要性訴える

今年取り組み10年目を迎える「南アルプス食害対策協議会」は17日、活動報告会を開き、活動を継続していく必要があると訴えました。この日は伊那市役所で報告会が開かれ、関係者などおよそ100人が出席しました…

[ 放送日:2017年2月17日(金曜日)]

<<前のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10