ドローンフェス始まる

小型無人機ドローンの祭典「ドローン・フェスin INA Valley」が18日から伊那市長谷と高遠町を会場に4日間の日程で始まりました。 初日の18日は、長谷の美和湖公園でドローンの最新技術のデモンストレーションが行われました。伊那市は、官民協働でIoTを活用した新産業技術のまちづくりに取り組んでいます。これまで、ドローンを使った物流や松くい虫対策の実験を行っています。フェスは、ドローンに関する技術開発や事業展開に向けた伊那市の取り組みを発信しようと行われるものです。全国から技術者や企業が集結し、18日は8つの企業が伊那市が力を入れる…