伊那小3年春組に3匹の子ヤギが加わる

名前は今秋中に決める

総合的な学習の時間でヤギを飼育している伊那市の伊那小学校3年春組に、新たに子ヤギ3匹が加わり、全部で7匹の賑やかな生活となっています。
5月2日に生まれた3匹の子ヤギです。
名前はまだ決まっていません。
今朝は、7時半頃から子ども達が集まり、小屋を掃除する班、餌をあげる班、散歩に連れていく班に分かれて作業を進めていました。
春組では、1年生の頃からヤギを飼育しています。
最初に飼い始めた2匹のヤギ「ゆきちゃん」と「ゆりちゃん」がそれぞれ出産を経験していて、今回新たに3匹が加わりました。
ブルーシートに餌となる草を広げている子ども達。水分が多いと下痢をしてしまうので天日干しします。
片付けも終わり教室に戻る時間です。
7匹いるはずが1匹足りませんでした。
担任の春日健二教諭は、「飼育を通して命の尊さを学んでほしい」と話します。
ゆめちゃんが無事に戻り、ようやく7匹揃いました。
春組では、今週中に3匹の子ヤギの名前を決めるということです。




放送日:2018年5月14日(月曜日)