伊那北高校野球部OB 現役部員にボール贈る

夏の大会にむけ選手を激励

昭和58年度に卒業した伊那北高校野球部OBは、夏の大会に向けて現役選手を応援しようと練習のボール18ダースを、12日に寄贈しました。

野球部OBの山川誠二さんが伊那北高校を訪れ、柿沢章浩監督にボールを手渡しました。
昭和58年度に卒業した野球部OB9人は、夏の全国高校野球の100回大会を記念して現役選手を激励しようと、練習用の硬式ボール18ダースを贈る事にしました。

去年夏の大会のシード権を獲得した伊那北は初戦で松商学園と対戦し敗退しました。
今年は去年の雪辱を果たすため夏の大会にむけ更に力をつけていきたいという事です。




放送日:2018年5月14日(月曜日)