男性が右手の中指骨折する重傷労災事故

11日午後0時40分頃、箕輪町松島の工場で、30代の派遣社員の男性が金属加工の作業中、右手の中指の骨を折る重傷労災事故が発生しました。

伊那警察署の発表によりますと、大けがを負ったのは、伊那市西町の派遣社員 所澤大志さん32歳です。

所澤さんは、箕輪町松島の有限会社伸和工作箕輪工場で金属加工の作業中、旋盤機に右手の指を巻き込まれたということです。

詳しい原因については伊那署で調べを進めています。




放送日:2018年5月12日(土曜日)