14日から早期がん発見の検診 

伊那中央病院が検査機器PETーCT導入

伊那市の伊那中央病院で早期のがんを発見するPET―CT検診が今月14日から始まります。
検診が始まるのを前に最新の検査機器PET―CTが8日報道関係者に公開されました。
PET―CTはがん細胞が正常な細胞に比べてより多くのブドウ糖を取り込む性質を利用して、がんを見つけるPET検査と内臓の形や大きさを映像化するCT検査を同時に行うことができる検査機器です。
PET―CTを使った検診は地域がん診療連携拠点病院に指定されている伊那中央病院が、がんの早期発見を目的に導入したもので上伊那では初めての検診メニューとなります。
検査室は去年10月に竣工した北棟に作られました。
PET―CT検診は今月14日から始まり完全予約制となっています。
電話で予約することができ実施日は祝祭日を除く月水金それぞれ1名で料金は税込9万9,900円となっています。




放送日:2018年5月8日(火曜日)