上伊那森林組合 昨年度のペレット生産量3,296トン

年々需要が高まる

上伊那森林組合の通常総代会が25日に伊那市内で開かれ、昨年度のペレット生産量が前の年度を約670トン上回る3,296トンだった事が報告されました。

市内で通常総代会が開かれ昨年度の事業報告が示されました。
昨年度のペレットの生産量は3,296トン、金額にして9,399万円でした。
組合によりますと上伊那の福祉施設や宿泊施設、保育園などで20台の大型ペレットボイラーが現在稼働していて年々需要が高まっているという事です。

この日はほかに、今月10日に明らかになった不適切な会計処理について報告がありました。
組合長の白鳥孝伊那市長は組合員や関係機関に陳謝し「信頼回復と経営健全化にむけ役職員一丸となって取り組みたい」と話していました。




放送日:2018年4月25日(水曜日)