JA上伊那あぐりスクール 22メートルの巻き寿司に挑戦

様々な体験を通して食と農を考える

小学生が農業体験を行うJA上伊那のあぐりスクールが21日に開校し、長さ22メートルの巻き寿司作りに挑戦しました。

長さ22メートルの巻きすの上に150枚の海苔がのせられました。
11升のコシヒカリが配られ、子ども達が海苔の上にのせていきます。
今年度あぐりスクールを受講する小学3年生から6年生64人のうち、この日は48人が参加して親子で22メートルの巻き寿司を作りました。
かんぴょう、きゅうり、でんぶの3種類の具材をのせたら全員で呼吸を合わせて巻いていきます。
適度に力を加えて形を整えたら完成です。
丁寧に持ち上げて全員で記念写真を撮りました。

あぐりスクールは農作物が食卓に並ぶまでの過程を学び、様々な体験をする事で食と農について考えてもらおうとJA上伊那が行っているものです。
今年度は12月まで毎月1回教室が開かれる事になっていて、次回は田植えや落花生の種まきなどを予定しています。




放送日:2018年4月21日(土曜日)