障がい者が気軽に立ち寄れる施設 みのあ〜る開所

障がい者が気軽に立ち寄れる施設「みのあ〜る」が、箕輪町の商店街に16日、開所しました。
施設は、箕輪町役場入り口交差点近くの国道153号沿いにあります。
町の活性化に取り組むTMOネットワークの施設を借り、障がい者が気軽に立ち寄れる施設として町が運営するものです。
また、地域活動支援の拠点としてイオン箕輪店にあるみのわ〜れのサテライト施設として位置づけています。
16日は、町関係者らが出席し開所式が行われました。
施設の名称については、障がい者の社会参加の第一歩として「実の有る」場所になって欲しいとの願いが込められているということです。
保育士や介護福祉士の資格などを持つ支援員3人がいて、1人が常勤し障がい者の話し相手となります。
開館時間は、平日の午前10時30分から午後4時までとなっていて利用者は登録制となります。
箕輪町では、「町内外の人でも利用できるので、気軽に立ち寄ってほしい」と話しています。




放送日:2018年4月16日(月曜日)