ナイスハートバザール 自主製品販売で工賃アップを

上伊那を中心に14施設が販売

上伊那にある障がい者就労支援事業所の利用者が製作した商品などを販売するナイスハートバザールが、伊那市日影のベルシャイン伊那店で開かれています。

木工製品に力を入れている伊那市山寺の伊那ゆいまーるは、プランターを販売しました。
箕輪町松島の煌めきティユールは町のふるさと納税の返礼品にもなっている人気商品、無添加石けんを販売しました。

会場には上伊那を中心とした14の施設のブースが並び、手作りの小物や農産物加工品などの自主製品を販売しています。
ナイスハートバザールは、施設利用者の工賃アップや製品のレベル向上などを目的に、NPO法人長野県セルプセンター協議会が毎年開いているものです。
伊那市での開催は6年目で、年々商品のグレードがあがり種類も増えているという事です。
ナイスハートバザールは15日も午前10時から午後4時まで開かれ午後2時からは東部中学校吹奏楽部によるステージイベントが行われます。




放送日:2018年4月14日(土曜日)