歯科衛生士目指し20人入学

長野県公衆衛生専門学校

歯科衛生士を養成する長野県公衆衛生専門学校の入学式が6日行われました。
今年度入学したのは上伊那から11人、飯田下伊那から4人、諏訪から3人など合わせて20人です。
式では入学生を代表して梅垣美希さんが誓いの言葉を述べました。
三井一孝校長は式辞で「進歩する歯科医学に対応できるように知識と技術をしっかりと身につけてください」と話し入学生を激励しました。
県公衆衛生専門学校では3年間歯科衛生士になるための専門教育を受けます。




放送日:2018年4月12日(木曜日)