満開の高遠城址公園 VR映像で発信へ

長野県と新潟県のケーブルテレビ局が加盟する日本ケーブルテレビ連盟信越支部は、地域の名所をバーチャルリアリティー(VR)映像で発信する取り組みを進めています。
8日は、満開の高遠城址公園で専用のカメラを使い撮影が行われました。
VR用のカメラです。本体に取り付けられた8個のレンズで周囲360度を高精細の4K映像で撮影できます。
8日は信越支部に加盟する新潟県の上越ケーブルビジョンと伊那ケーブルテレビジョンが協力し、撮影を行いました。
パソコンで確認すると、それぞれのカメラ映像が表示されています。
8つの画像を合成すると周囲360度が一つの映像になります。
信越支部では、地域情報の発信力の強化や、番組の流通の促進を図ろうと共同ウェブサイト「ぐるっと信越」を今月立ち上げました。
サイトではVR映像やライブカメラ、ドローンによる空撮映像などを見る事ができます。
撮影を行った高遠城址公園のVR映像は今月中には公開される予定です。


関連リンク1 ぐるっと信越


放送日:2018年4月8日(日曜日)