高遠城址公園 過去23年間で最も早く開花宣言 

例年より1週間早い開花

「天下第一の桜」として知られる伊那市高遠町の高遠城址公園の桜が、1日に開花しました。平成25年と並んで過去23年間で最も早い開花宣言となります。

公園南側です。ここ数日の暖かさで開花が進み、例年より1週間、去年より9日早い開花宣言となりました。
4月1日の開花は記録が残っている平成8年から過去23年間で、平成25年と並んで最も早くなっています。
早速訪れた観光客が写真を撮るなどして楽しんでいました。

1日は公園開きが行われ、高遠町内の保育園児が桜雲橋前で歌を披露しました。
高遠城址公園には約1,500本のタカトオコヒガンザクラがあり、県の天然記念物に指定されています。
高遠城址公園のさくら祭りは1日から30日までです。
園内はまだ蕾で伊那市では、満開を7日頃と予想しています。
ライトアップは、試験点灯が2日から一部で始まり、時間は午後6時から午後10時までとなっています。




放送日:2018年4月1日(日曜日)