箕輪町とフクロヤ家具が園児の避難場所に関する協定締結

箕輪町と有限会社フクロヤ家具総合センターは、災害時の木下北保育園の避難場所の提供に関する協定を26日に締結しました。

白鳥政徳町長とフクロヤ家具の唐澤修一社長が覚書を交わしました。

木下北保育園は、住宅密集地にあり、周囲に避難できる場所がありません。
近くにあるフクロヤ家具は、床面積が900平方メートルと広く、災害時には全園児が避難できることなどから協定を結びました。
これまでも保育園の雪かきや大雨のときの防災対策などで協力をしてきたということです。

唐澤社長は「地域企業としては当たり前のことだが、この他のことでも園から要請があれば出来る限りの協力はしていきたい」と話していました。

白鳥町長は「これまで同様、協力をお願いします」と話していました。

事業所が町内の保育園と避難場所の提供に関する協定を結ぶのは今回が初めてだということです。




放送日:2018年3月27日(火曜日)