伊那市50年の森林ビジョン ゾーニング示す

伊那市50年の森林ビジョン推進委員会が伊那市役所で開かれ、森林の機能や用途などを区分けしたゾーニング図が22日示されました。
ゾーニング図は、50年の森林ビジョンを推進するための基本となります。
市内の森林およそ5万5千ヘクタールを、赤の山地保全・水保全ゾーン、青の生物多様性・文化ゾーン、黄色のコミュニティゾーン、緑の木材生産ゾーンの4つに区分けし、木材生産が最も広い、2万8千ヘクタール程となっています。
市では、このゾーニングを基に今後、森林整備などを行っていく予定です。
委員からは「希少動植物の生息場所や、既に間伐が終わったエリアなどの情報を加えては」といった意見が出されていました。
委員長の植木達人さんは、「これをたたき台にして、より良い計画にしていきたいです」と話していました。
市では今後、市内で住民説明会を開催するほか、森林所有者に対し意向調査を行う事にしています。




放送日:2018年3月22日(木曜日)