新宿の小中学校の伊那市の花を贈る

アルストロメリアを新宿の卒業生に

卒業式シーズンに合わせ、伊那市は友好都市、東京都新宿区の小中学校に市の特産の花「アルストロメリア」を送ります。

13日は、JA上伊那伊那支所でアルストロメリアのラッピングと箱詰めが行われ、市やJAの職員15人が作業にあたりました。
今回送るのは、新宿区の中学校10校の卒業生、およそ1000人分のアルストロメリアです。
職員らは手分けして選別やラッピング、リボンをつけるなどしていました。

新宿区との友好をより深めるとともに、アルストロメリアを知ってもらおうと、伊那市が今回初めて企画したものです。
伊那市総務課の泉澤正広さんは「新宿の卒業生のみなさんにもっと伊那市を身近に感じてもらいたい」と話していました。

アルストロメリアは、16日に一斉に行われる中学校の卒業式で配られる予定です。
伊那市では、来週卒業式が行われる新宿区の小学校や養護学校にも送ることにしています。




放送日:2018年3月13日(火曜日)