美篶の写真愛好家 大森英明さん写真展

祭りをテーマに展示

伊那市美篶の写真愛好家大森英明さんの「祭」をテーマにした写真展が、伊那市のかんてんぱぱホールで12日から始まりました。
会場には、上伊那を中心に県内外で撮影した祭りの写真およそ90点が並んでいます。
大森さんは、写真歴30年ほどで、これまで富士山や桜などの風景を撮影してきました。
3年ほど前からは人物に興味を持ち、県内外の祭りに出向いては撮影するようになったということです。
大森さんは、「初めて行く現場がほとんどだったので、テクニックは使わずにきれいに撮ることだけに専念した。いきいきとした表情や躍動感を見てほしい」と話していました。
写真展は18日日曜日まで、かんてんぱぱホールで開かれています。




放送日:2018年3月12日(月曜日)