産業支援センターみのわ 4月開所

箕輪町は、町内で創業したい人を支援する「産業支援センターみのわ」を4月に開所します。

9日は箕輪町の職員らが施設を訪れ竣工検査をしました。

産業支援センターみのわは、旧産業会館を改修し、創業支援や産業振興の拠点として整備されました。

施設は、鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積は610平方メートルです。

「創業支援オフィス」が5部屋あり、町内で6か月以内に創業する人を対象に最長3年で貸し出します。

使用料は月額1万2100円から2万300円です。

町では、今月中に利用者の募集を始めます。

「コワーキングスペース」は、1人1日100円で使用できます。

2階には研修室や、商談スペースがあります。

産業支援センターみのわは、箕輪町が国の地方創生拠点整備交付金を活用して整備したもので、工事費は1億3千万円あまりです。

開所は4月2日で、本格的な利用開始は隣接する商工会館や駐車場の工事が終了する6月を予定しています。




放送日:2018年3月10日(土曜日)