長野県公衆衛生専門学校で卒業証書授与式

伊那市荒井の県公衆衛生専門学校で卒業証書授与式が9日に行われ、18人が3年間過ごした学び舎を巣立ちました。
在校生や保護者が見守る中、卒業生が入場しました。
式では、大塚俊英校長から卒業生1人ひとりに卒業証書が授与されました。
卒業生は、歯科衛生士になるため、3年間勉強や実習に励んできました。
大塚校長は「信頼される、一目置かれる社会人として羽ばたいてください。歯科衛生士を目指して頑張ってきた日々が大きな支えになるはずです。」と話していました。
卒業生を代表して、森山絵里さんは「歯科衛生士は患者を笑顔にできる素敵な仕事だと改めて感じる。学ぶ姿勢や向上心をこれからも忘れずに努力し続けたい。」と話していました。
卒業生は、4日に国家試験を受けていて、28日に合格発表があるということです。
18人のうち、17人が県内の歯科診療所に、1人が病院に就職が決まっているということです。




放送日:2018年3月9日(金曜日)