箕輪町の老人福祉施設が相互協定

 箕輪町内の医療機関や老人福祉施設など6団体7施設は、災害時に相互に連携・協力するための協定を8日に締結しました。
 この日は、箕輪町役場で調印式が行われました。
 白鳥政徳町長立会いのもと、協定を締結したのは、上伊那生協病院や、デイサービスセンター、特別養護老人ホームなど6団体7施設です。
 去年9月に行われた箕輪町総合防災訓練の様子です。
 特別養護老人ホームみのわ園から利用者20人を町内の他の福祉施設に移送する訓練が初めて行われました。
 訓練の反省会で、移送に時間がかかったなどの課題や、訓練の必要性について意見が上がったことから、今回、訓練の参加施設が協定を締結することになりました。
協定により、災害時は、連絡を取り合い、情報交換を行うこと、職員の派遣、福祉車両による支援や救助救援物資の搬送を行うなどとしています。
 箕輪町によると、施設が主体的にこうした協定を締結するのは県内でも例がないということです。
 箕輪町では、今回協定を結んだ施設以外にも、この動きを広げていきたいとしています。




放送日:2018年3月8日(木曜日)