伊那中央病院 今年秋に「患者支援センター」新設へ

機能移転で一部空きスぺ―スとなっている本館1階に設置

伊那中央病院は患者の入退院時のサポートや通院に関する相談を行う「患者支援センター」を今年秋に設置する計画です。

20日、伊那中央病院運営審議会が開かれ川合博院長が来年度事業について説明しました。
患者支援センターは本館1階に設置されます。
伊那中央病院では、去年10月に完成した北棟への機能移転により一部空きスペースとなっている本館の改修計画を進めています。
患者支援センターは、これまで別々の部署で行っていた患者支援を一つの窓口に集約するもので入退院の時に必要な説明や各種の相談などを行います。
本館の改修計画では他に、小児科のリハビリを行うプレールームの設置の他、高齢者の介護ケアなど多目的利用できるよう3階西病棟のリハビリルームを拡張する予定です。
川合院長は「機能を十分に活用して医療の質の向上、患者の満足度向上に努めたい」と話していました。




放送日:2018年2月21日(水曜日)