南箕輪村創生総合戦略の検証を答申

南箕輪村むらづくり委員会

南箕輪村むらづくり委員会は村創生総合戦略の検証について9日、唐木一直村長に答申しました。
9日は宮原袈裟夫会長らが村役場を訪れ唐木村長に答申書を手渡しました。
村創生総合戦略は、立地特性を生かした職住近接のむらづくりや若者定住と郷土愛の醸成による帰ってきたいむらづくりなどの項目があります。
それぞれの項目に数値目標が設定されていて答申では関係する情報のホームページへのアクセス数の目標値を上方修正することが望ましいとしています。
付帯意見として魅力的な農業経営の確立や村内定住、若者回帰の推進、村の魅力開発とブランドづくりなどをあげています。
唐木村長は村創生総合戦略について答申をもとに改訂していきたいとしています。




放送日:2018年2月10日(土曜日)