伊那市の保育料 来年度からの減額案を諮問

伊那市は来年度から市内の保育園の利用料金を減額する見直しの案を、9日に審議会に諮問しました。

白鳥孝市長が、子ども・子育て審議会の倉澤邦弘会長に諮問書を手渡しました。
内容は来年度から保育園の利用料を減額するものです。

伊那市では、市民税の納税額に応じて12階層に分けて保育料を定めています。
見直し案は全ての階層で減額をするものです。
対象人数が一番多い12階層では、3歳児以上の8時間保育が現在の月額2万6,000円から2万3,000円に引き下げられます。
伊那市では、子育て世帯の負担軽減のため、県内19市のほか上伊那の他市町村と比較しながら最も安いレベルの料金設定にしたという事です。

見直し案は9日の審議会で了承されました。
市長への答申は来週の予定で、伊那市では保育料に関する規則の改正後、4月1日から施行する計画です。




放送日:2018年2月10日(土曜日)