高遠高校 地域体験型学習の活動発表会

伊那市高遠町の高遠高校で行われている、地域体験型学習の活動発表会が8日に行われました。
高遠高校では、学校を核に教育機関や行政機関、文化施設などと連携して実習を行う「高遠学園構想」の取り組みを進めています。
この日は、その取り組みを知ってもらおうと学校評議員などを招き、初めて学習活動発表会を開きました。
情報ビジネスコースの生徒は、去年の秋に行われた高遠城址公園紅葉祭りのアンケート調査の結果を発表しました。
祭り期間中に訪れた197人を対象に、訪れたきっかけや高遠の印象などを聞いたということです。
生徒は「観光パンフレットを配ったり周辺の情報提供をすることが、また訪れてもらえるきっかけに繋がると思う。」と話していました。
高遠高校では、高遠学園構想の取り組みを市内全域に広げていきたいとしています。




放送日:2018年2月13日(火曜日)