歴代応援グッズ展示し駅伝への機運盛り上げ

3月18日に開かれる「春の高校伊那駅伝」を盛り上げようと、伊那市美篶の矢島信之さんは、応援グッズなどの展示会を伊那市役所で開いています。

市役所1階ロビーには、これまで沿道での応援に使った道具や、関係資料などおよそ50点が展示されています。

伊那市美篶のナイスロード沿道では、コースが変わった平成19年から、多くの地区住民が応援をしています。
矢島さんは駅伝を盛り上げようと、中心になって様々な応援グッズを手作りしています。
出場校の校名が書かれた手づくりの凧や、御柱の年には割り箸で作ったおんべなどで応援をしました。

矢島さんは「なかなか真似をすることができないすごい大会を、自分たちの住む地域でやっているんだ、ということを感じてもらいたい」と話していました。

応援グッズの展示は15日まで伊那市役所1階ロビーで行われています。




放送日:2018年2月6日(火曜日)