結核について理解深める

「過去の病気ではない」

福祉関係者や病院職員が結核について理解を深める研修会が25日伊那市の保健センターで開かれました。
研修会では、まつもと医療センター中信松本病院の鈴木敏郎医師が結核の症状やその対応などについて話をしました。
鈴木医師は「日本では1日に56人が感染し6人の死者が出ていることから決して過去の病気ではない」と話していました。
また結核を疑われる患者がいたらまずレントゲンをとり異常があるかどうかを確認するよう呼びかけていました。
鈴木医師は「結核患者は貧困や孤立など社会的問題を抱えているケースが多いとして福祉関係者などの支援者が正しい知識を身につけることが大切だと話していました。
研修会は伊那保健福祉事務所が開いたもので会場には約80人が集まり話を聞きました。




放送日:2018年2月5日(月曜日)