引持常会で大数珠回し

五穀豊穣や無病息災を願う「大数珠回し」が伊那市高遠町の引持生活改善センターで4日、行われました。
伊那市高遠町上山田の引持集落では江戸時代から大数珠回しが受け継がれていて、引持常会が毎年行っています。
4日は、引持の35戸から39人が集まり五穀豊穣、無病息災などを祈願しました。
数珠は長さ17メートル、玉の数は852個で、中に一つ大きな玉があります。
集まった人たちは、輪になって座り、数珠を左に回しながらナ南無阿弥陀仏と唱えていました。
数珠の中の大きな玉が自分の所へ回ってくると頭を下げて願い事をしていました。
引持常会では、「地域が今年も安泰の1年になってほしい」と話していました。




放送日:2018年2月4日(日曜日)