長野米「風さやか」 シンガポールへ輸出

栄養価の高い米で消費拡大図る

長野県が開発した米のオリジナル品種「風さやか」をシンガポールに輸出する発送式が2日、伊那市のJA上伊那本所で開かれました。
JA上伊那などは米の消費拡大を図るため海外に出荷する取り組みを始めています。
2日は伊那市で生産された長野県オリジナルの品種「風さやか」約5.6トンが輸出米として発送されました。
この米を特別な技術で加工し栄養価を高め「金芽米」「金芽ロウカット玄米」というブランド名でシンガポールに輸出します。
シンガポールでは健康志向が高まっていて栄養価の高い米の消費が拡大しているということです。
今年は全県から合計12トンを出荷する計画でJA上伊那では継続して生産に力を入れていくということです。




放送日:2018年2月2日(金曜日)