伊那市で男性保育士からこまやけん玉の技を学ぶ教室

男性保育士からこまやけん玉の技を学ぶ教室が伊那市のいなっせで6日に開かれました。

日本こままわし協会の指導者から手ほどきを受けた、松本市の男性保育士6人が講師をつとめました。
こまを回せるようになると、すくい上げて手の平で回す「どじょうすくい」という技に挑戦しました。
小さなこどもには、保育士が回したこまを手の平に乗せてあげていました。
難しい技の実演もあり、紐の上を渡って移動させる「綱渡り」などを披露していました。
けん玉では「玉を乗せる時は音が出ないようにひざを曲げて優しく乗せましょう」とアドバイスしていました。
市内の公立保育園でこまとけん玉を保育に取り入れていて、教室は家族と一緒に楽しめる機会にしようと伊那市生涯学習センターが毎年この時期に開いているもので、今年で3年目になります。

この日は午前と午後の2回教室が開かれ、合せて12組45人の親子が参加しました。




放送日:2018年1月7日(日曜日)