小学生対象に伊那市が親子スキー教室

県外からも含め13組が参加

小学生の親子を対象にしたスキー教室が伊那市の伊那スキーリゾートで4日に開かれました。

初めてスキーをする子ども達は片足だけ板をつけて板の長さの感覚を覚える事から始めました。
親子スキー教室は伊那市教育委員会が毎年この時期に開いています。
今年は東京からの1組、埼玉からの2組を含め13組28人の親子が参加し市体育協会スキー部のメンバーが講師を務めました。
スキー経験がある中級クラスの子ども達はリフトに乗ってゲレンデに出ました。
子ども達は講師の後に続き板をハの字に開いてゆっくり斜面を滑っていました。
教育委員会では「親子のコミュニケーションを深めてもらうと共に、ウィンタースポーツの振興にもつなげていきたい」と話していました。




放送日:2018年1月6日(土曜日)