11月月間有効求人倍率1.97倍

求人では人手不足目立つ

上伊那の11月の月間有効求人倍率は、10月を0.09ポイント下回る1.97倍でした。
月間有効求人数は4,976人、月間有効求職者数は2,520人で、上伊那の11月の月間有効求人倍率は、10月を0.09ポイント下回る1.97倍でした。
全国は1.56倍、県は1.72倍で、上伊那は16か月連続で全国と県を上回っています。
ハローワーク伊那では雇用情勢について「引き続き堅調に推移している」としてコメントを据え置きました。
求人数は増える一方で、新しく職を求める求職者は減少傾向にあり、多くの産業で人手不足が目立っているということです。
来春卒業予定の新規高卒者の就職内定率は88%となっています。
11月末現在346人が内定していて、職業別では製造業が最も多く67%となっています。




放送日:2017年12月26日(火曜日)