2017伊那市ニューストップ10

10位は、「JR伊那市駅前の空き店舗再生へ」.
9位は、「小松美佐子さんの短歌 歌会始の儀で入選」
8位は、「新しい伊那バスターミナル完成」
7位は、「老松場古墳群調査進む」
6位は、「伊那本線運行開始」

5位は、「移動スーパーとくし丸 営業開始」です。
長谷や高遠町の長藤地区を巡回して食料品などを販売する移動スーパー「とくし丸」の営業が12月から始まりました。
車は株式会社ニシザワが購入し、長谷の中山(なかやま)勝司(かつし)さんがニシザワから商品を仕入れ販売します。

4位は、「ルビコン会長 登内英夫さん死去」です。
ルビコン会長の登内英夫(てるお)さんが2月に亡くなりました。99歳でした。
登内さんは8期連続県議会議員を務め、県議会議長などを歴任しました。
3月には告別式が行われ、およそ2,000人が参列しました

3位は、「ドローンフェス開催」です。
10月に「ドローンフェスinイナバレー」が4日間の日程で開催されました。
「新産業技術のまち」を目指す伊那市が、ドローンに関する技術開発や事業展開に向けた取り組みを発信しようと行われたもので、全国から技術者や企業などが参加しました。

2位は、「ふるさと納税返礼品見直し」です。
平成28年度の伊那市の受け入れは、約72億円で、全国2位でした。
国からの通達を受け、家電製品などを対象から除外しました。
11月からはRIZAP鰍フ各種サービスなどの取り扱いを始めました。

1位は、「小黒川スマートIC開通」です。
9月、南信では初となる、小黒川スマートインターチェンジが開通しました。
事業費は約15億円です。
9月30日の開通から今月23日までの利用台数は上りと下りあわせて13万8,000台で、一日平均は1,600台です。





放送日:2017年12月26日(火曜日)