伊駒アルプスロード 公聴会

伊駒アルプスロードの伊那市に係る工区についての公聴会が17日伊那市役所で開かれ出席者からルート変更や道路の高さの見直しをしてほしいといった意見が出されました。
国道153号バイパス伊駒アルプスロードは駒ヶ根市と伊那市を結ぶ全長11キロの道路です。
事業を行う長野県では、7月に詳細ルート案を示し、説明会を開いてきました。
公聴会は、住民の意見を聞き、正式なルート案決定の参考にしようと開かれました。
富県北福地の住民は、「道の高さが盛土により5メートルとなることから、農業への影響が心配されるのでできるだけ低くしてほしい」と話していました。
東春近原新田の住民は「現在のルートでは地区の中を通り常会を分断してしまう。
生活への影響も大きいのでルート変更してほしい」と話していました。
この他に、地域振興の為にも早期着工と完成を目指してほしいといった意見が出されました。
長野県では、今回出された意見を県の都市計画審議会に提出し平成30年度までに伊駒アルプスロードのルートを決定していく計画です




放送日:2017年12月25日(月曜日)