伊那市駅前の空きビルについて意見交換

JR伊那市駅前の空きビルについて考える意見交換会が伊那市のタウンステーション伊那まちで5日、開かれました。
5日は商店主やIT関係者など15人が集まり、JR伊那市駅前の空きビルの活用法について意見交換をしました。
このビルは、昭和35年に建てられた地下1階、地上4階の鉄筋コンクリート造りで、かつては自衛隊の事務所や喫茶店、ゲームセンターなどがテナントとして入っていたということです。
5日の会合では、山岳関係者や飲食店主などでつくるアスタルプロジェクト代表の八木択真さんが空きビルの現状について報告しました。
それによるとビルの所有者は松本市に住んでいて八木さんは、
これまで数回所有者宅を訪れ、活用させてもらえないかと相談しました。
八木さんは「ビル所有者に活用について関心を持ってもらえている」と話していました。
また1日に、所有者から許可をもらい建物の中を見せもらった様子を写真を使って紹介しました。
専門家に見てもらったところ建物内はヒビ割れもなく問題なく使えそうだとのことですが、耐震補強は必要だということです。
ビルが使えると仮定し活用について自由に意見を交わしました。
参加者は「木工などものづくりの場に出来ないか」「異業種の人が情報交換しながら仕事をするコワーキングスペースはどうか」「喫茶店や立ち食いそば店も必要ではないか」などと語り合っていました。
今後は、高校生や大学生など若者の意見を聞く機会も設けたいとしています。
タウンステーションでは、毎月第1火曜日に、起業したい人や伊那市について考える人たちが集まり意見交換する伊那まちローカルベンチャーミーティングが開かれています。
空きビルについての意見交換はミーティングの中で行われました。




放送日:2017年12月6日(水曜日)