子どものケガ防止へ 親子でトレーニング

イラストを使って生活の中にある危険や、危ない行動について学ぶ「親子で危険予知トレーニング」が箕輪町の子育て支援センターで5日おこなわれました。
危険予知トレーニングには、子育て支援センターを利用する未就園児の親子など31人が参加しました。
センターの職員が、家やスーパーの一場面を描いたイラストを見せると、参加した親子は危ないと思われる場所にシールを張り付けました。
シールを貼り終えると、「ファンヒーターの前には近づかない」「ガスコンロには触らない」、スーパーでは「カートで遊ばない」などと教えていました。
これは危険予知トレーニングと言われ、生活の中にどのような危険が潜んでいるかに気付き、回避する方法を学びます。
子どものケガの予防につなげていこうと、箕輪町では28年度から町内の保育園を対象に実施しています。
今回は初めて、子育て支援センターで行いました。
箕輪町によりますと、全国の子どもの救急搬送のうち、0歳から12歳が占める割合は、およそ8割だという事です。




放送日:2017年12月5日(火曜日)