北原さん女子高校サッカー全国大会へ

全日本高校女子サッカー選手権大会に出場する、帝京第三高校3年の北原友里奈さんは11月30日、箕輪町役場を訪れ白鳥政徳町長に出場の報告をしました。
30日は北原さんと母親の洋子さんが箕輪町役場を訪れ、白鳥町長に全国大会出場を報告しました。
箕輪町松島の北原さんは小学校2年生の時にサッカーを始め、中学まで上伊那のクラブチームでプレーをしていました。
その後、山梨県の帝京第三高校に進学し、瞬発力や運動神経が良い事からゴールキーパーをまかされています。
3年生となり、北原さんにとって今回の選手権が高校最後の公式戦になるという事です。
白鳥町長は「体調管理に気をつけ万全の態勢で大会に臨んで下さい」と激励していました。
北原さんは「全力を出し切って、優勝を狙いたいです」とこたえていました。
全日本高校女子サッカー選手権大会は、来月30日から兵庫県で開催され、各ブロックの代表32校が出場します。
北原さんが所属する帝京第三の初戦は、30日・広島文教高校と対戦します。




放送日:2017年12月2日(土曜日)