10月の月間有効求人倍率2.06倍

正社員の割合は低い状態

上伊那の10月の月間有効求人倍率は2.06倍で前の月を0.12ポイント上回りました。
求人倍率は2倍台となりましたが正社員の割合は低い状態が続いています。
月間有効求人数は5416人、月間有効求職者数は2631人で10月の月間有効求人倍率は2.06倍でした。
求人倍率が2倍台となるのは平成4年10月以来25年ぶりです。
これについてハローワーク伊那では製造業を中心に受注と生産は好調を維持している。
ただ新規求人数に占める正社員の割合は全国で42%、長野県で37%に対し上伊那は30%とまだ低い状態だとしています。
このため求人倍率は2倍を超えたものの今後の動向を慎重に判断する必要があるとして雇用情勢は引き続き堅調に推移しているとの前の月の判断を据え置いています。




放送日:2017年12月2日(土曜日)