冬の風物詩 ザザムシ漁解禁

伊那谷の冬の風物詩「ザザムシ漁」が1日解禁となりました。
今年は10月の台風による増水のため不漁となる見込みで、貴重な珍味が例年以上に貴重な物となりそうです。
ザザムシ漁を行っているのは伊那市中央の中村昭彦さん73歳です。
ザザムシは、トビゲラやヘビトンボなどの水生昆虫の総称で、佃煮にして味わう伊那谷ならではの食文化です。
漁には虫踏み許可証が必要で、今日現在5人が許可を取っています。
石の下にいる虫が川底をかき回すと浮かび上がり、四手網と呼ばれる網の中に入っていきます。
中村さんよりますと、今年は10月の2度の台風により川底の石が流され多くのムシが死んでしまったという事です。
中村さんは「今シーズンは厳しい年になりそうだ」と話します。
ザザムシ漁は、来年2月末まで行われます。




放送日:2017年12月1日(金曜日)