信大生が育てたシクラメン 販売開始

信州大学農学部の学生が育てたシクラメンの販売が、21日から始まりました。

南箕輪村の信大農学部のキャンパス内にある生産品販売所でシクラメンの販売が始まりました。

授業の一環で、植物資源科学コースの2年生が育てているもので、販売は30年以上続いています。
白やピンク、赤など、全部で21品種、およそ1800鉢を栽培しています。
若い葉や枯れた部分を摘み取り、鉢の中心に光を当てて、花の見栄えが良くなるように学生が手入れをしてきたということです。

ある学生は「葉の並びを組み替えるなど大変な作業が多く、花をつくる大変さを感じた。手入れをして長く楽しんでもらいたい」と話していました。

信大農学部のシクラメンは、生産品販売所で、1鉢1,200円で販売されています。




放送日:2017年11月21日(火曜日)