南ア林道バス 今シーズン利用者増

 今シーズンの南アルプス林道バスの営業が15日で終了しました。
今シーズンは、昨シーズンより1,990人多いのべ5万1,377人が利用しました。
 林道バスは、4月25日から戸台口から歌宿まで、6月15日から北沢峠まで全線開通し、11月15日まで営業しました。
 1日4便を基本に運行していて、台風などにより運休した便は、3日間にかけ、7便でした。
 利用者数は、5万1,377人で、昨シーズンに比べ1,990人の増加でした。
 これは、伊那市の合併以降2番目に多い数字となりました。
 今シーズンは、7月19日に梅雨明け宣言が出されたものの、夏山シーズンの7月下旬から8月に天候不順が続きましたが、天気が良い土日に集中的に人が訪れたため、人数的には増加につながったのではないかとしています。
 林道バス営業所によると、紅葉を見に訪れるなど観光目的で来客する団体は減っているものの、登山客は増加傾向にあるということです。




放送日:2017年11月16日(木曜日)