伊那市の六道原工業団地 2社から購入の申し込み

伊那市が11月末までに土地の取得を予定している美篶の六道原工業団地の1万1千uについて、2社から購入の申し込みを受け付け、売却される予定である事が、14日に分かりました。

これは、14日に開かれた伊那市議会臨時議会の開会の挨拶で白鳥孝市長が明らかにしたものです。
六道原工業団地の約1万1千uについては、横浜市の(株)アクト・ジャパンと岡谷市の岡谷酸素株式会社から、工場を建設するために事業用地購入の申し込みを受け付けていて、それぞれに売却される予定です。
ほかに、上ノ原工業団地の1区画を神奈川県に本社を置く伸和ホールディングス(株)に売却する予定です。
これらの契約がすべて成立すると、伊那市が保有する産業用地は上ノ原工業団地の1区画と小黒原産業適地の1区画、合せて約3万3千平方メートルになります。
白鳥市長は「積極的に提案できる産業用地がないので新たな取得を検討していきたい」としています。




放送日:2017年11月14日(火曜日)