広域観光充実へ 担当職員が箕輪町を視察

上伊那地域の広域的な観光を目指して各市町村の担当者が14日、箕輪町内の観光地を視察しました。

視察には市町村の観光担当者や広域連合職員など、およそ20人が参加して町内の観光地6か所をまわりました。

南小河内にある「愛す工房みのわ」では、根橋英夫社長が、農産物を使った観光について話をしました。
愛す工房みのわでは、地域で採れた農産物を使ったアイスなどを販売しているほか、動物と触れ合える場所もあり、観光で上伊那を訪れた人が立ち寄ることもあるということです。
根橋さんは「上伊那は本当に農産物が豊富な地域で、農産物は集客力がある。上伊那全体で農産物を活用した取り組みを進めていけば今の力以上のものが発揮できると思う」と話していました。

視察は、上伊那地域の広域観光の充実や連携の向上を目的に年に2回行われています。




放送日:2017年11月14日(火曜日)