4連覇へ!長野県縦断駅伝 上伊那結団式

長野県縦断駅伝競走大会の上伊那チームの結団式が10日伊那市役所で行われ、選手らが4連覇を目指し決意を新たにしました。

結団式には、選手やスタッフ、関係者が出席し、カツどんを食べて士気を高めました。

長野県縦断駅伝は、長野市から飯田市までの、22区間217.5キロをタスキでつなぎます。

去年、上伊那は大会新記録で優勝していて、3連覇を果たしました。

過去65回の大会のうち、36回の優勝を重ねています。

チームは去年12月に監督と主将が交代し、新体制となりました。

式では、各市町村の関係者らが「伝統ある上伊那の団結力で4連覇をめざしてほしい」「練習の成果を発揮し、伊那路を一位で駆け抜けてほしい」などと激励していました。

大会は、18日(土)と19日(日)に開かれます。

伊那の中継点は、山寺の長野ダイハツ販売伊那店前で、19日(日)午前10時30分頃に先頭の選手が通過する予定です。




放送日:2017年11月11日(土曜日)