箕輪中学校3年1組 みのわ天竜公園に看板を設置

総合的な学習の時間で製作

箕輪町の箕輪中学校3年1組の生徒は総合的な学習の時間で製作した、みのわ天竜公園の案内看板を11日に設置しました。

案内看板を設置したのは3年1組の生徒32人です。
箕輪中学校の3年生は2年生の時に模擬議会で町の活性化について町長に提案するなどクラスごとに考えた取り組みを行ってきました。
1組は町民の憩いの場所となっているみのわ天竜公園の清掃作業を今年の7月から始めたところ古くなって見ずらくなった看板をみつけ自分たちで新しく作る事にしました。
原画は生徒たちが描き町内の看板店の協力で設置しました。
1時間ほどかけて60センチの穴を2つ掘り支柱を組み立てて完成です。
ある生徒は「初めて来る人にも、いつも来ている人にも分かりやすいように工夫したので大勢の人に見てもらいたいです」と話していました。




放送日:2017年11月10日(金曜日)