伊那小6年孝組 篶竹細工を学ぶ

伊那市の伊那小学校6年孝組の児童は、江戸時代から美篶に伝わる篶竹細工について10日学びました。
孝組の児童ら40人は10日、美篶小学校資料館を訪れ美篶地区に伝わる篶竹細工について学びました。
指導したのは、川手竹細工クラブの矢野正明会長です。
矢野さんは、竹ひごの作り方や、保管方法のコツなどを教えていました。
篶竹細工は江戸時代から美篶地区に伝わる竹細工で、県の伝統工芸品にも認定されています。
孝組では、4年生の頃から総合学習で竹細工について学んでいます。
修学旅行で訪れた山梨で伊那にも竹細工の歴史があると知り、その歴史や技術を学ぼうと、資料館を訪れました。
児童からは、ビクやザルを作るためのコツや、道具の使い方などについて質問が出されていました。
子ど達は、卒業にむけ地元で採れた竹を使い、作品づくりにも取り組んでいくという事です。




放送日:2017年11月10日(金曜日)