高校生ロックバンド「FAITH」 ミニアルバム全国リリース

伊那市を拠点に活動する高校生ロックバンドFAITHは、15日にミニアルバム「2×3 BORDER」を全国リリースします。
地元では高校生を中心に、彼らの活躍に期待が高まっています。
FAITHは、伊那弥生ケ丘高校、上伊那農業高校、飯田女子高校に通う生徒5人が2015年に結成しました。
去年開催された「第6回長野県高校生バンド選手権」で最優秀賞を受賞。
そして、今年の夏に開催された10代のバンドが参加する全国規模のイベントに初出場し、参加した3,199組中、ファイナリスト8組に残りました。
8月にミニアルバムを発売し、ライブ会場で手売り販売していましたが、所属事務所の後押しもあり、今回全国の店頭に並ぶことになりました。
作詞作曲は自分たちで行い、歌詞は全て英語です。
ボーカルとギターボーカル、ドラムの3人は日本とアメリカのハーフで、国境を越えたボーダーレスな音楽を届けます。
FAITHのミニアルバム「2×3 BORDER」は、15日(水)から全国のCDショップなどで販売が始まるほか、音楽配信サイトでもダウンロードできます。
7曲が収録されていて、価格は1,500円です。
なお、11月23日と12月10日は、gramHOUSEで、ライブが行われる予定です。
メンバー5人のうち4人は3年生で、卒業後は全員上京するということです。




放送日:2017年11月9日(木曜日)