箕輪町の高齢者福祉施設が合同音楽会

練習の成果を利用者が披露

箕輪町内にある高齢者福祉施設の合同音楽会が8日に町文化センターで開かれ、それぞれの施設で練習してきた歌を利用者が発表しました。

町内の6つの施設から約140人が参加し、施設ごとに発表しました。
このうち、三日町にあるゆとり荘は、職場体験に訪れている箕輪進修高校の1年生4人と一緒に歌いました。
このほか、大正琴の伴奏に合わせて歌ったり、曲に合わせて体を動かしたりと工夫を凝らした演奏が披露されました。

途中、松島保育園の年長園児が訪れ、体操を発表しました。
音楽会は、2年に一度開かれているもので、今年で3回目になります。
主催した箕輪町高齢者福祉事業所連絡会では「それぞれの施設の歌を聴いたり取り組みを知る事で、利用者の生きがいに繋がればうれしいです」と話していました。




放送日:2017年11月8日(水曜日)